鍼灸師に必要な資格を知っておこう

鍼灸師の働き方は?

鍼灸治療院は、個人開業している方が多い職業です。だから会社で鍼灸師を募集しているところの方が少ないでしょう。そのため、簡単に鍼灸師として就職できるものではありません。

就職の選択肢を広げるためにも、鍼灸師の資格以外にも、あん摩マッサージ指圧師や柔道整復師など、関連資格も取得していると、尚良いでしょう!

鍼灸師になりたい!でもどうすればいいの?

鍼灸師というのは、なんだか特殊な職業に聞こえますが、実際、どうやったらなれるのでしょうか?

厳密に、「鍼灸師」という資格はなく、はり師、きゅう師の両方の資格を持っている人を、「鍼灸師」と呼んでいるだけです。

はり師、きゅう師はそれぞれ違う国家資格なので、各テストを受けて合格する事が必要です。同時に受験するのも可能ですが、共通科目は免除されます。

しかし、国家資格を受けるには、まず受験資格がないと、そもそも受ける事ができま
せんよね。その受験資格の条件とは、厚生労働省と文部科学省によって、認定された専門学校(大学)を卒業する事です。そこで初めて受験資格が得られるのです!

鍼灸師になるのはどのくらい難しいの?

鍼灸師の難易度も気になりますよね。試験は、人体解剖学をはじめとし、生理学、衛生学、公衆衛生学、病理学など、現代医学がメインで構成されています。

また、専門分野の東洋医学概論、診断学、治療学、治療実習なども学習しなければ、試験に対応できません。これらの科目を学校で受ける事により、国家資格試験を受験する事ができるのです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ