どうして鍼灸が不妊に効くの?

なぜ鍼灸が不妊にいいのか?

・ホルモンバランスを整えてくれるから!
内臓に係る神経は、脳から背骨を通り、各臓器に続いています。だから子宮や卵巣などに関する神経の流れを良好にする部分、つまり、自律神経の中枢と呼ばれる視床下部に対して鍼灸あるいは整体を用いる事により、視床下部から脳下垂体、卵巣というように刺激が伝達され、女性ホルモンの分泌を促していきます。これが、妊娠しやすい身体を作ってくれるのです!

・血流改善してくれるから!
不妊原因には、身体の冷えも考えられます。身体が冷えてしまうと熱を逃がさぬよう、血管が収縮して血流が悪化し、酸素や栄養が上手に送られなくなり、内臓の働きが低下します。それによって、妊娠しにくい体になってしまうのです!鍼灸を利用すれば、筋肉の凝りや、内臓の働き低下を防止できるでしょう。妊娠には欠かせない子宮や、卵巣の働きも向上させてくれます!

・骨盤矯正になるから!
骨盤の歪みは、子宮にも影響し、結果的に不妊になる恐れがあります。骨盤が緩むなどしていると、子宮の形も悪くなってしまうのです!たとえ妊娠できても、流産する確率も高くなってしまいます。鍼灸で、骨盤の状態を正していきましょう!

医院選びも大切!

人の身体のコンディションは、一定していません。毎日変わり続けています。だからその時に必要な施術は変わってきているので、毎回同じ治療法で対応する事はできません。不妊治療の進歩してきていますが、まだ解明されていない事もたくさんあります。だからこそ、西洋医学から東洋医学まで、最新の医学知識を持った医師のもとで、鍼灸などの専門的な治療を受けるのが望ましいのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ