痛くない鍼灸のしくみとは

痛くない鍼灸もあるの?

鍼灸を受けたいものの、痛そうで怖い、痛みがあるくらいだったら受けない方がいいと考える人も、少なくないのではないでしょうか?確かに、つらい治療は嫌ですよね…。

Akupunkturnadeln

しかし、鍼灸は本当にいつでも痛い治療なのでしょうか?中には、痛くない治療もあります。鍼灸と一口にいっても、やり方は、その症状によって色々です。

難病にも対応しているという梅田 鍼灸では、原因となるところを根本から改善していくため、持続性の高い効果があり多くの方から支持されているそうですよ。

鍼灸は不眠症にも効果があった?

鍼灸は不眠症改善にも役立つと言われています。灸で不眠症を改善するには、まず、自律神経の緊張状態を解くために、あごや肩、背中、腰などに、はり治療をしていきます。

患者さんの身体の状態によっても、治療する部分や刺激の程度は変わります。自律神経の緊張を和らげるためにも、筋肉の緊張を除去します。
さらに、腰にある仙腸関節にはりによる刺激を与え、自律神経が安らげるような環境にしていきます。

このような治療を進めていく事によって、まず、筋肉の緊張が以前よりもほぐれるようになるでしょう。次に、自律神経の緊張がほどけ、自然な睡眠を促してくれるようになります。自然な睡眠がとれれば、疲労感が取れ、筋肉の緊張も緩和されてきます。

このサイクルを良好にしていく事が、鍼灸の目的なので、必ずしも、最初の治療から痛いとは限らないのです。また、「痛い」と感じるのには、個人差や、身体の状態によっても違うので、一概には言えません。

お子様と一緒に行ける小平市 鍼灸では、完全予約制なので他の方の目を気にする事もなく、一人ひとりに合わせた施術で納得できる効果を実感できるところが人気のようですよ。

鍼灸にはどれくらい通えばいいの?

症状の程度にもよりますが、軽度であれば、一ヶ月に3~5回程度の治療、深刻な場合には、10回以上要する場合があります。

幅広い症状まで対応してもらえる町田市 鍼灸は、その確かな実績から少ない回数で効果を実感できるという声も多くあるようですね。

鍼灸によって、状態が改善しても、メンテナンスの意味で、月に1~2回程度利用しておくと安心でしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ